The 48 Hour Film Project

映画製作ルール

2014年度の[#LABER_RULES#]はまだ発表されておりません。ツアー開始前に公開されます。2012年度のルールはこちらをご覧ください。

下記のルールは全ての参加グループ、製作チームに適応されます:

A. 時間

  • 48 Hour Film Projectは一年を通して世界中の都市でそれぞれ開催されます。
  • 48 Hour Film Projectは開催地時間、金曜日の19時から日曜日の19時までの48時間を使って行われます。これが『公式な48時間』です。(開催日時は開催国によって異なります。)
  • 参加グループ又はチームは、開催日の日曜日19時30分までに完成された映像作品を指定された場所に送り届けなければなりません。
  • 時間制限に間に合った作品のみコンペティションの審査対象となります。また時間制限に間に合わなかった作品を含め、受け付けた全ての作品を上映します。

B. 全ての創作作業は『公式な48時間』の中で行なわれなければなりません。コンペティション開催期間以外のどのような事前の創作作業も禁止します。創作作業は下記の項目に限ったものではありません。

  • シナリオ作成
  • リハーサル
  • 衣装、セットデザイン
  • 撮影
  • 編集
  • サウンドデザイン
  • レンダリング
  • テープや他のメディアへの書き出し

C. 『公式な48時間』に先立って行える作業は、

  • クルーを集める
  • 役者を集める
  • 機材の確保
  • ロケーションの視察、確保
ルールD及びルールDを参照してください。)

D. 作品で使用される全ての映像は48時間の期間内に撮影されたものでなければなりません。

  • コンペ期間外で作成、または撮影された素材映像、創作物は使用できません。
  • アニメーションや特殊効果は使用できます。ただし、それらも48時間の間に作成されたものでなければなりません。(注:特殊効果作成ソフトのプログラムによるエフェクトは素材として使用できます。)
  • 静止画像はそのチームが使用する権利を持っている限り使用できます。その画像は48時間の制限以内に作成される必要はありません。ただし、コンペ期間の48時間以外で作成された静止画を、映像の中で動いているような効果を作り出すために使用することはできません。

E. 全ての参加グループの代表者は48 Hour Film Projectの公式キックオ・フイベントに参加してください。

  • キックオフ・イベントでは、各グループはチームリーダーが署名した『[#1]』を提出してください。[#2]この同意書を提出しないチームはコンペに参加できません。
  • 各グループはそれぞれの映画のジャンルを無作為に抽選していただきます。
  • 各チームはワイルド・カード・ジャンルを抽選する為に、選んだジャンルを放棄する選択権が与えられます。もしワイルドカードを選択する場合、最初に選んだジャンルに戻れません。

F. 各参加チームには映画の中で扱われるお題として、ジャンル、キャラクター、小道具、台詞が割り当てられます。

  • 各参加チームには映画の中で扱われるお題として、ジャンル、キャラクター、小道具、台詞が割り当てられます。
  • お題の台詞は一語一句完全に使用されなければなりません。使用法は台詞として、歌の歌詞として、又は文書でもかまいません。
  • 『正式な48Hour Film』として認められる為には、各チームの映画が選択したジャンルに沿って作られ、エンドクレジットより前の規定時間内において全てのお題を映画の一部として取り入れなければなりません。

G. 全てのキャストとクルーはボランティアでなければなりません。

H. 任意のフィルムやビデオカメラを使用することができます。使用台数に制限はありません。

I. 48 Hour Film Projectが初めて開催される都市に限り、世界中の観客へ街を紹介する意を含め、各映画にはその都市特有のランドマーク(場所が特定できるような目立った建造物や自然の目標物など)や、その都市特有のもの(バスや庁舎など)を画面の中に登場させてください。(ランドマークや特有のものはその都市に存在している必要があります。)

J. 参加グループは映画用の楽曲の作成や録音を、地域の作曲家やミュージシャンと行うことを推奨されています。事前に録音された楽曲の使用を参加グループが許可されるには、参加グループが映画内で使用する全ての楽曲の著作権を保有し、またそれを譲渡する必要があります。楽曲と同様に、事前に録音された効果音も使用できますが、使用する権利を持っている必要があります。

注:歌のパロディ(別の歌詞や音楽を付けられているが、識別可能な既存の楽曲の使用)は権利者の署名の入った証書無しでは映画に使用できません。このルールは米国または国際著作権法の下による『フェアユース』の法理に関わるか否かに関係なく適用されます。

K. 映画の尺

完成した映画はエンドクレジットを含まずに最低4分、最長7分の長さに収まるっている必要があります。ルールLを参照。

L. クレジット

  1. が始まる前に以下のものをメディアに挿入してください。

    • 5秒間の黒味
    • タイトル画面:チーム名、タイトル。ジャンル、都市名、日付
    • アニメーション
          - もしくは -
      タイトルカード リンク先の もしくは ・タイトル画面と共に、『This film was made for the 48 Hour Film Project 2013. www.48hourfilm.com』の一文を記入してください。
    • 2秒間の黒味

    続いてあなたの映画

  2. オープニングクレジットは映画本編の一部とみなされますので、7分内の一部となります。また、もしあなたの映画に映画のタイトル以外のクレジット(クルーやキャストの名前表示など)が含まれている場合、次の一文を必ず追加して表記してください。

    • 『[チーム名]presents』続いて『a 48 Hour Film Project』もしくは、

    • 『a 48 Hour Film Project』続いて『映画タイトル』

      『a 48 Hour Film Project』は引用符で囲まれている必要はありません。また小文字『a 48 hour film project』で表記してもかまいません。

  3. 各映画のエンドクレジットは最大60秒までです。その60秒はルールKにあるように、映画本編に追加されることになります。(つまり、本編7分、60秒のクレジットが追加され、映画全体の長さは最長8分になります。)

    エンドクレジットには『This film was made for 48 Hour Film Project. www.48hourfilm.com』の一文を記入してください。

  4. コンペ終了後のスレイトとクレジットについて:コンペティション終了後、オンラインでの上映に際して『This film was made for 48 Hour Film Project 2012. www.48hourfilm.com』というクレジットを映画の開始前に表示する必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。What should I do with my film?.

M. 米国、カナダ、チリ、日本、メキシコ、ペルー、韓国、台湾で作られたフィルムもしくはビデオはNTSCである必要があります。他の全ての国で作られた作品はPALである必要があります。

48 Hour Film Project ウェブサイト内の参加する都市に指示が無い限り、コンペで製作される映画は次のいずれかのメディアで提出してください。

  • (推奨)独自のコーデックを持たない独立再生形式QuickTimeファイルを、
    - データDVD、もしくは
    - USBフラッシュドライブに保存して提出。
  • 再生可能なDVD
詳しい提出要件はあなたが参加する都市のウェブページを御覧ください。あなたの映画が参加都市の定める提出要件に準拠していない場合は失格とされる場合があります。また、あなたの映画が48HFPの用意した機器で視聴不可能な場合も失格とみなされる場合があります。

N. 提出にあたっての注意点

  • 完成された映画はコピーを2つ提出されることをお勧めします。
  • 音量は映画を通して比較的均等にすることをお勧めします。(もしあなたの映画に不均一な音や過度な高音が存在する場合、再生機器を保護する為に修正される場合があります。)
  • 上映可能なスペックは劇場によって異なり、48HFPが管理できるものではありません。もしあなたの映画の画像が暗い場合、上映劇場によっては見るのが困難な場合があります。
  • コンペ最終日に受け取ったすべての映画は、締め切り時間に間に合わなかったものも含めて、ルールQを準拠している限り全て上映される資格があるものとします。

O. 各チームは役者、クルー、楽曲、ロケーション、または必要なすべての使用権利を確保し、各同意書を主催者に完成した映画と共に提出してください。(この用紙は48 Hour Film Projectのウェブサイトから入手してください。)映画は48HFP主催者が署名された同意書を受領するまで上映されることはありません。

P. 応募者は応募要項に必要事項を記入し、全ての公式ルールを厳守することを確約した誓約書を提出してください。

Q. プロジェクトに応募するには、作品は応募者によるオリジナル作品であり、第三者の所有権を侵害するものであってはなりません。また公開するに適したもの(猥褻またはいかがわしくない内容)である必要があります。猥褻またはポルノ素材を含まないこと、いかなる人物、会社、組織、団体、の名誉毀損な内容を含まないこと。いかなる人物、会社、組織、団体のプライバシー、他の権利を侵害しないこと、それ以外の方法で該当する法律および規定を侵害しないこと。応募者や48HFPが所有する以外の著作権で保護されたものを含まないこと。

応募作品が禁止事項または不適切な内容を含んでいると48HFP独自の裁量で判断した場合、失格となる場合があります。48HFPは応募作品が適格か否かを判断する権利を留保します。また、48HFPはそのような映画の上映を拒否し、映画の内容を上映会で発表する権利を留保します。

R. 応募者はプレミア上映の前にどのような形であっても応募作品を配給してはいけません。これは任意のウェブサイトに映画をアップロードすることも含まれます。その代わり、応募者は応募作品の予告編を配給することが推奨されています。その予告編は48秒以内で製作してください。

S. 『正式な48Hour Film』と認定されるには各参加グループの映画製作がここに記載されている全てのルールに則って遂行されなければなりません。48HFP主催者は『正式な48Hour Film』のみを上映する権利を留保します。

T. 文書、メディアを含め全ての提出物は返還されません。

U. 48HFPと運営団体は、不適切または非準拠であるとみなされる応募者の資格をその独自の裁量によって剥奪することがあります。

V. すべての『正式な48 Hour Film』はその都市の Best 48Hour Filmのタイトルをかけて競う資格がります。

W. すべての『Best of City』映画は『Best 48 Hour Film 2011』のタイトルをかけて競う資格があります。最終審査は独自の査団によって行われ、勝者が決定されます。

X. 48HFP主催者はコンペ開始までにこれらのルールに追加または改正することがあります。

Every second counts, when you have 48 hours to make a film!